消費者金融とは

消費者金融とは、企業や事業主ではなく個人に小口の金銭貸し付けを生業とする業態です。 キャッシング会社、サラリーマン金融(サラ金)あるいは街金とも呼ばれています。

一昔前まではサラ金というと高金利で返済の取り立てが厳しいというイメージがありましたが、現在ではキャッシング会社のお金の貸し付けに対して法的な整備が行われ、出資法や利息制限法、さらに総量規制により、借主が債務超過に陥り返済不能となるのを防止しています。

銀行系のキャッシング会社

近年では、大手銀行がキャッシング業界に参入をしています。 代表例を挙げると、三菱東京UFJ銀行系列のモビット、三井住友銀行系列のアットローンなどがあります。 大手銀行系のキャッシング会社は後発ですが、安心感があるためキャッシング顧客数を大幅に増やしています。

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットはキャッシングの申込みから融資までの時間が短く、最短即日で借り入れが出来ることです。 だから、急ぎでお金を借りたい場合は、消費者金融からお金を借りるのがベストです。

また、銀行の場合は金利は月割りで計算されるのですが、消費者金融の場合は日割りで計算されるため、実際に借りた日数分だけの金利を支払えばよいので、その点ではお得と言えます。

ただし、金利自体は一般的には消費者金融より銀行の方が低いので、キャッシング審査は厳しいですが、銀行からお金を借りることができる方は銀行で融資を受けた方が良いでしょう。

お金の返済方法

キャッシング会社では借りたお金の返済方法は多数あります。 具体的にはコンビニなどの提携ATMやパソコンや携帯電話を使っての指定銀行口座への振込み、あるいは店頭に出向いて直接返済をすると言うこともできます。 自分の生活スタイルにあった返済方法を選ぶことが出来るのはキャッシング会社ならではです。

一般的なキャッシングの利用方法

初めてキャッシングでお金を借りる方は、住宅ローンや自動車ローンの様にまとまった額を1度だけ借りて、あとはその返済を毎月行っていくと考えがちです。 ですが、キャッシングの場合は住宅ローンなどとは利用方法が異なります。 消費者金融などの金融機関にキャッシングの申込みをすると、あなたの返済能力の調査が行われた後に、最大貸付可能枠が決められます。

そして、一般的には申込みを行った方にはキャッシング専用カードが発行をされます。 お金を借りる利用者は設定された最大貸付可能枠を超えない範囲でこのキャッシング専用カードを用いて何度でもお金を借りることができます。 要は、借りたお金の返済中であっても設定枠の範囲内であれば、再度借り入れをすることができるという事です。

現金の借り入れと返済はコンビニエンスストアや契約金融機関のATMを使用します。 キャッシングは返済が完了していなくてもお金に困ったら設定枠内であれば、すぐにお金を借りることができるのでとても便利です。 最大貸付可能枠が設定されているので、通常の使い方をすればお金を借りすぎて返済不能となってしまうこともありません。

消費者金融でお金を借りるのはなんだか心配と言う方も、今は安心して借り入れすることができる時代です。 ただし、そうは言っても融資を受ける前に具体的な返済計画は立てましょう。 そうすれば、お金を借りた後でも気分的に楽なはずです。

お金の使い方

息子達は小学生です。 最近になってようやく、自分のお小遣いの管理が出来るようになりました。

我が家では毎月のお小遣いというものはまだあげていないので、お正月にもらったお年玉が収入の全てです。 一年間を見越してお小遣いをどう使うかを、しっかり考えないと、途中で困ることになります。

そのせいか、お金にはとても細かい息子達。 自分のお小遣いでお菓子を買おうとしても、なんとか値切ろうとします。 値切る…といっても、スーパーのレジで値切るわけには行きませんよね? だから値切る相手は私です。

120円のお菓子を買おうとするときには、100円だけ出して、残りの20円は何とか私に払ってもらおうとするわけです。 「もしも20円出してくれたら、今日のお風呂洗いは僕がやる」「20円出してくれたら、勉強をいつもよりも多めにやります」などと言って、私に交渉するわけです。

私はつい息子達の交渉に負けて、払ってしまいます。 この交渉術、このまま大人になっても続けられたら、末恐ろしいなあと思うのでした。 でも、子供の頃からお金の管理をさせて、お金の大切さを肌身を持って体験させることは子供たちにとって良い経験になると思います。

お金が全てではないけど、最低限のお金がないと生活出来ないのも事実です。 お金を稼ぎ、そのお金を管理し、さらに計画的に使うことが出来る様になれば、金銭に関しては一人前の様な気がします。 あと、お金は借りるのはできるだけ避けなければいけないという事も、近いうちに教えようと思っています。 [追記]

お金と友情

もし親友がお金を貸してと頼ってきたらどうしますか? 金額にもよりますが貸してあげることが本当の親友でしょうか。 もし貸さなかったら罪悪感に苛まれそうではっきり断りきれません。

でも貸してしまったらそれは本当の友情じゃない気もします。 どうしてそう思うのかわかりません。 自分からおごってあげたい、と思うときはむしろ喜びさえ感じるのに貸してと言われると素直に応じることができないのは人間の心理だと思います。

私はお金を通じて親友との繋がりを試されているのを感じました。 友達は気軽に言っていると思いますが、その神経がある意味羨ましいです。 人がこんなに悩んでいるとも知らずに。 お金を借りるなら借金をするわけだから、相手のことも考えるようにしないとだめですよね。 お金を周囲から借りる人と今までに数人あったことが有るけど、そういう人は、結局は返さないで踏み倒しています。 本人は少額だからお金を借りたことを忘れているのでしょうが、貸した方は忘れないですよね。

そういう人には、親友みたいな人もできないので、結局は寂しい思いをすることになるのではと思っています。 お金を安易に借りるとお金の大切さもわからないし、計画的に使うという事もできなくなりますよね。 自分は、お財布を忘れたなど困っていればお金を貸すけど、周囲からお金を頻繁に借りる人には貸さないことにしています。 貸したところでお金は返ってこないでしょうし、貸しても感謝すらされないでしょうから。 [追記]

女性優先でお金を借りる

以前、お子様ランチが大人の間でとても流行った時期がありました。 値段も安く、料理の種類も豊富なので若い女性に大人気でした。 今では「小学生以下のお子様に限ります」という断りがメニューに書かれている場合が多いですが、大人だって食べたい!!と主張する人がいたのを覚えています。

また、食事の店でレディースセットを食べようとして断られた…という男性の話も聞いたことがあります。 お子様ランチと同様、レディースセットは女性だけが食べられるなんておかしい、男だって食べたい!!ということでしょう。 男性が食べられるお店もあるようですが…。

最近、レディースキャッシングでお金を借りる人が増えてきています。 女性スタッフが運営し、女性専用のお金を借りるためのキャッシングサービスです。 レディースキャッシングを利用してみたい!!という男性はいるのかな…と想像してしまうのでした。 レディースキャッシングは初回に限り30日間金利無料だったり、通常のキャッシングと比較して低金利でお金を借りることができる場合があります。

基本的に女性は金銭感覚がある人が多いので、お金を借りる際は最低限しか借りません。 そのため、返せなくなる人が少ないので、貸出金利が低金利で設定されているようです。 女性の方は、金融機関からお金を借りる際は、レディースキャッシングを利用するようにしましょう。一般的な融資よりメリットが多いですからね。 [追記]

土日でも借りられて助かった!

金曜の朝から何か大事なことを忘れているような気がしていました。 そしてそのことに気付いたのは仕事が終わってからですので、18時を過ぎてました。 それはなんと月曜朝イチで大事なお金の支払いをしないといけないことです。

どうしよう?手元にも現金がなく、口座にもお金が足りません。 唯一お金を借りることを頼める知人に連絡を取ったのですが、そんな急には無理だと言われました。 「3日後じゃダメ?」と言われたのですが、それでは遅すぎるのです。 ありがたいお言葉でしたがそれなら大丈夫だから、知人からお金を借りるのは断ることにしました。

とにかく月曜日の朝に間に合うように、お金を借りることをしなければいけません。 ネットの即日キャッシングもチェックしたんですが、平日の15時過ぎていたら融資は銀行翌営業日になるようです。 15時過ぎてもネット銀行の口座なら即振込OKと書かれていましたが、あいにくネット銀行は使っていません。

悩みに悩んだ末、思い出したのは無人契約機です。 慌てて職場から一番近い無人契約機に駆け込むと、まだお金を借りるための申込が間に合う様子でした。 申し込んでから約40分でキャッシングカードを発行することができました。 無人契約機のそばにはATMがあり、そこで無事お金を借りることができたのです。

これでなんとかピンチは乗り越えました。 30日間は金利手数料がかからないというキャッシングでしたので、次の給料をもらったらそく返済しました。 非常に助かりましたが、できれば2度とお金を借りるために利用する機会は来て欲しくないものです。 [追記]