申込み手段

  1. 銀行へ出向き、貸出担当者に融資を受けたい旨を相談する。 できれば、店頭に行く前に電話連絡をしておくと良いでしょう。 貸付担当者に、希望融資額や希望の返済期間を伝えます。
  2. 貸出担当者から依頼された住民票や所得証明書などの各種証明書や必要書類を用意。
  3. 融資の申込み書類を銀行に提出します。
  4. 銀行は融資を受けたい方のの財政状況などを把握するために貸出担当者と面談を実施します。
  5. 銀行でローン・キャッシング審査が行われます。
  6. 銀行の貸し出し審査をパスすれば、正式にお金を借りることが出来ます。

個人事業主・自営業の方なら

個人で事業を営んでいる自営業や規模の小さい小企業の場合は、銀行に融資の依頼をする前に、日本政策金融公庫(日本公庫)を利用できないかを検討しましょう。 日本公庫は国が100%出資している国営銀行です。

特徴は民間銀行より低金利でお金を借りることが出来るという事です。 個人事業主向けの融資限度額は7200万円なので、個人事業主にとっては十分な資金調達ができると思います。 また、新規開業者向けのローンもありますので、これから起業しようとする方にとっても利用価値が大いにあります。

さらに、事業用のローンだけでなく、子供の教育目的の教育ローンを受けることも可能です。 個人の方で子供の教育資金を調達したい方は、日本公庫を利用しましょう。 日本政策金融公庫は日本全国に支店があります。 だから、銀行を利用する前に日本公庫の店頭に出向いて融資可能かの相談をすると良いでしょう。

お金を借りる時に役立つサイト

銀行からお金を借りる際には低金利の融資商品を吟味して、ローンもしくはキャッシングの申込みをしましょう。 この融資関連サイトでは、各融資会社の実質年率での金利が掲載されているので簡単に利息を比較することができます。 また、返済シュミレーションで支払回数や金利総額などを自動で計算することができるので、借りたお金を返せるか心配な方は事前に元本+利息の支払いが出来るかを確認しましょう。

銀行から受ける融資の最大の難点はお金を借りることが出来るまでに時間が掛かってしまうという事です。 また、キャッシング審査は銀行の場合は必ず必要とされます。 一方、アコムなどの消費者金融であれば、早ければキャッシングの申込みをした当日にお金を借りることが出来てしまいます。 急ぎで、すぐにお金が必要という切羽詰まった時は、銀行ではなく消費者金融からお金の融資を受ける様にしましょう。このサイトでは、融資依頼をしたその日のうちにお金を借りることが出来る金融機関をご案内しています。