闇金とは

闇金とは闇金融の略称です。貸金業を行うには国や都道府県に本来なら登録をしなければなりません。 国や都道府県に登録を行わないで貸金業を行う業者を闇金融と言います。

闇金融は一般的に出資法や利息制限法を守らずに営業を行っている場合が多いです。 業界ではトイチといわれる10日で一割の金利を付ける闇金のキャッシング業者もあります。 また、返済時に無理な取り立てを行う場合もあります。

グレーゾーン金利の撤廃で

グレーゾーンとは刑罰を定めている出資法の上限金利以下だけれども、利息制限法で定める上限金利を超えている金利ゾーンのことです。 現在は、登録済み正規のキャッシング会社ではグレーゾーン以下の金利で融資を行っています。 そのため、グレーゾーン金利は一般的には撤廃されたと言えるでしょう。

最近は、法的整備によりキャッシング会社の貸し付け審査は厳しくなりました。 その結果、正規に登録しているキャッシング会社でお金を借りることが出来ない人が闇金に流れることが懸念されています。

ただし、闇金の利用者はもともと多重債務者だったり、自己破産をした結果、登録済みの正規キャッシング会社で融資を受けることが できない人が多かったため、貸し付けの法律が厳しくなったことにより、こういった多重債務者や自己破産者は減少するとみられ、 そういった点では、闇金利用者は減るのではとも考えられています。

ヤミ金融の広告

ヤミ金融は一般的に違法行為を行っているので、闇金業者の広告は国や都道府県に登録済みの正規のキャッシング会社とは大きく異なっています。 ヤミ金融の広告で良く見かけるのが公衆電話内に貼られた広告、あるいは地方ゴシップ紙やスポーツ新聞の広告です。

また、すでに自己破産をしている人にダイレクトメールで申込書を送ってくる場合もあります。 闇金から借りても返済不能に陥る可能性が高いので、闇金からは絶対にお金を借りないことが大切です。